rss twitter fb hatena gplus

アトピー 皮膚湿疹の原因とは?アレルギーを引き起こすアレルギー体質

アトピーの原因とは?アトピー 皮膚湿疹の原因は、免疫機能の過剰反応(アレルギー反応)だ。

本来、免疫機能は人間の体に入ってきたウィルス、細菌、カビや異常な細胞などから身を守り、風邪やガンなどを予防する大切な機能。

しかしアレルギーを起こすと体内に入ってきた異物(アレルゲン)に対して過剰な反応を起こし、自分の身体すらも攻撃してしまう。

アトピー 皮膚湿疹の患者さんの多くは、この免疫の過剰反応を引き起こしやすいアレルギー体質だといわれている。

実はアトピーの改善や完治は、アレルギー体質を改善することが一番重要。

ここではアトピー 皮膚湿疹の本当の原因であるアレルギー体質について説明していきます。

ぜひ参考にしてください。

アトピーを引き起こすアレルギー体質の原因は腸内にある!

アトピーの原因は腸内アレルギー反応が起こる原因の多くは腸内にあるといわれている。

なぜなら、以下のようなアレルギーが引き起こされ、アトピーが発症するプロセスがあるからだ。

1, 化学物質にまみれた消化しにくい食べ物や、食べすぎ、飲みすぎで腸に負担をかけてしまうと、腸内で分解され排出されるはずの異物が分解されずに体内に吸収してしまう。

2, 体内に異物が吸収されてしまうと、免疫機能の一つである2型ヘルパーT細胞(th2)が活性化し異物を排除しようと免疫機能に攻撃命令を発信。

3, このような腸に負担をかける食生活を改善せずにいると、腸からどんどん異物を溜め込んでしまい、2型ヘルパーT細胞は常時攻撃命令を出す状態に。

4, 攻撃命令を受け続け、免疫機能が臨戦態勢になっている体に、花粉、ダニ、ホコリなどに接触する事でアレルゲンと認定。接触アレルギーが起こりアトピーが発症してしまう。

つまり、消化しにくい食べ物や、食べすぎ、飲みすぎは、体内に異物を吸収してしまい、アレルギーが引き起こされアトピーが発症してしまう原因になるのだ。

アレルギーの改善は何より腸の環境を改善することが大切

アレルギー反応は免疫機能が、腸内から吸収される異物を攻撃するために、攻撃命令を受けているため起こる。

しかし、実際には皮膚や粘膜から吸収される花粉、ウィルス、ダニ、などをアレルゲンとしてアレルギー反応が起きている。

そこでアレルギー反応が起きているアレルゲンを1つ取り除いた場合どうなるでしょうか?

感のいい方はお気付きでしょう。結果は残念ながら新しいアレルゲンが増えるだけ。

アトピーを改善するためにアレルゲン遠ざけても、また新たなアレルゲンが出現していたちごっこに終わってしまう。

ですから、アトピーを改善するにはアレルゲンを遠ざけることだけではなく、腸内環境を改善するための食事や生活習慣を心がけなければなりません。

アトピーの原因であるアレルギー体質になりやすい生活習慣

人間は本来無駄な異物やアレルゲンはは体内に吸収しないように分解して体外に吐き出すようにできている。しかし、アトピー患者さんの場合はアレルゲンを吐き出す機能が弱くなっていることが多い。

人間は使わない機能はどんどん弱体化してしまいます。また、あまりに快適すぎる生活はアレルギーを引き起こし、アトピーが発症する原因になります。

あなたは間食に甘いものをとり過ぎたり食事が油物中心だったりしませんか?空調の効いた部屋で快適に過ごしすぎてはいませんか?

以下に、アレルギーを引き起こしやすい生活習慣や生活習慣を紹介します。

常に便秘気味

アレルギーは腸が原因で引き起こされるのは前述した通り。さらに、腸に大便を溜め込むことはアレルギーやアトピーを悪化させる原因になる。

何故なら、大便は身体に不必要なものの塊、大便が腸内に留まることで異物やアレルゲンがどんどん吸収されるからである。

大便は健康的な人であれば1日~2日に1回出るものです。便秘な人は4日に1回、重い便秘の方だと1週間~2週間に一回と大便を腸内にかなり溜め込んでしまいます。

腸に大便を溜め込むような生活を続けていると、アレルギーやアトピーだけではなく、肌がどす黒くなり口臭や体臭がうんこ臭くなる。

昔誰かが「アイドルはうんこしない」と言っていましたが、そんな事していたらアイドルは皆ボロボロの汚い肌になってしまいます。

汗を掻かない、汗を掻けない体質

汗が原因で身体が痒くなる方も居るかもしれませんが、汗は体温調節だけでなく身体に不要なアレルゲンを吐き出すためにも必要なもの。

しかし、空調の効いた部屋や運動しない生活など、汗を掻かない生活習慣を送り続けると、汗を掻く機能が弱くなってしてしまう。

汗をかかない体質になってしまうと、アレルゲンを吐き出したくても汗をかかないため、アレルゲンが皮膚に留まり続けてアトピーの炎症を起こす。

汗を掻かない体質は、生活に適度な運動を取り入れる事で改善できる。心当たりがある人は1日20分でもいいからウォーキングやジョギングなど体を動かす習慣を身につけよう。

食事が油物中心、間食に甘い物を取りすぎている

食事がカラアゲや炒め物など、油物中心に偏ってしまうと腸に負担をかけてしまい、体内に消化されないタンパク質を吸収してしまいアレルギーが引き起こされる原因に。

また甘い物やジュースなど間食で糖分を取りすぎていると、腸内のカビであるカンジタが繁殖してしまい、腸内で消化がうまく行われずこれもアレルギーの原因に。

美味しいものを好きなだけ食べているような生活はアレルギーを誘発し、アトピーを発症させる原因。このような食生活は便秘を引き起こす原因でもあるのでやめましょう。

腸に優しいおすすめの食材は海藻やキャベツなど食物繊維が多い物。また、ヨーグルト、納豆、キムチなど腸内の善玉菌をサポートする発酵食品もおすすめです。

不衛生的な環境

いつも使っている枕シーツはや布団はしっかり干したり洗ったりしていますか?いつも同じジーンズを履いていたりしませんか?

自分が日ごろから使っているものは、自分が想像している以上にウィルス、細菌、真菌(カビ)などのアレルゲンにまみれている。

また、自分の部屋は清潔にしておかなければならない。ダニやカビは空気が循環しないような湿った環境はアレルゲンを体内に吸収しやすい。

日ごろから自分のまわりの環境を清潔にしておくことで、アレルギーの発生とアトピーの発症を抑えることができる。心当たりがある方はまずは自分の部屋の掃除から始めよう。

アトピーの原因はアレルギー体質 まとめ

以上のようにアトピー皮膚湿疹はアレルギーになりやすい体質が原因。

特に、アレルギーが発生する原因である腸内環境が、皮膚の病気であるアトピーに関連するものだと知らない方が多い。腸内環境を改善しアレルギー発生を抑えることがアトピー改善につながる。

また、アレルギーを起こさない生活習慣を心がけることも重要。油物や間食の取りすぎを控える、毎日の排便コントロール。適度な運動で汗を流す。自分の生活している環境を清潔にする。すべて重要です。

以上の事を心がけることにより、アレルギー反応が抑えられアトピーは改善します。アレルギー体質は治らない物と決めつけず、改善していきましょう。

お勧めのアトピー 改善方法


医学博士も推薦するアトピー改善法|アトピー地獄からの脱出!

薬を使わずに根本から解決するアトピーの治療法です。
ステロイドに頼った治療法ではアトピーは絶対に完治しません。
病院に行かず、薬を使わず、自宅でできる治療法なので非常に経済的。
12,800円で販売していますが、効果が無ければ完全返金と非常に安心できる商品です。

Ad

Ad

アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視
アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視

アトピー性皮膚炎の治療でおなじみの保湿剤「ヒルドイド軟膏」が、美容クリ...

狩野英孝がアトピーを告白 写真公開「最近ちょっと 手にも出て来て、辛いんだよな」
狩野英孝がアトピーを告白 写真公開「最近ちょっと 手にも出て来て、辛いんだよな」

最近ようやく芸能界復帰をした狩野英孝。そんな彼が自身のブログにてアトピ...

正しい脱ステロイドのやり方 徐々にステロイドの強さと量を減らしていこう
正しい脱ステロイドのやり方 徐々にステロイドの強さと量を減らしていこう

  脱ステロイドはアトピーを患っている方にとって夢のような話であり、治...

脱ステロイド 成功する人と失敗する人の違い あなたのアトピーは脱ステできるアトピーですか?
脱ステロイド 成功する人と失敗する人の違い あなたのアトピーは脱ステできるアトピーですか?

  アトピー性皮膚炎を患っている方の誰もが望んでいるであろうものが脱ス...

寝ている時の痒みの原因は?就寝中の痒みを抑えてアトピーを改善
寝ている時の痒みの原因は?就寝中の痒みを抑えてアトピーを改善

アトピー性皮膚炎を発症していると、何故か「さぁ寝よう!」というタイミン...

→もっと見る

PAGE TOP ↑