rss twitter fb hatena gplus

アトピーの遺伝!アトピーが遺伝する確率は30%。両親ともアトピーだと・・・。

アトピー 遺伝 赤ちゃん

アトピーは遺伝するという話は有名ですが、いったいどのくらいの確率で遺伝するものなのでしょうか。結婚して子供ができた時、その子供がアトピーだったら・・・なんて不安のある方も多いとお思います。

そうでなくても、最近ではアトピーやアレルギーを持ちながら産まれてくる赤ちゃんが多いのに、自分のアトピーが遺伝したら本当に申し訳ない気持ちになってしまいます。まぁ私は結婚する予定はないので別にいいですけど(笑)

今回こちらでは、アトピーの遺伝について紹介していきます。そういや、私の父親もアトピーと花粉症持ってたよなぁ・・・。

アトピー、アレルギーが赤ちゃんに遺伝する確率は30%~50%

通常の赤ちゃんは10%の確率でアレルギーやアトピーをもって産まれてくると言われています。しかし、片方の親がアレルギー(花粉症や食物アレルギー)アトピーを持っていると、赤ちゃんに遺伝してしまう確率が30%となっています。通常より30%の確率でアトピーを発症すると聞いても正直あまりしっくりきませんね。

しかし、両親ともアレルギーやアトピーがある場合、赤ちゃんに遺伝する可能性は50%にも達してます。アトピーが酷い経験をした方ならわかると思いますが、あのつらい経験を愛する我が子に経験させてしまう確率が50%なんて恐ろしい・・・。子供を作るのをためらってしまう方がいるのもうなずけます。

遺伝だけではない赤ちゃんアトピーの原因

赤ちゃんアトピーの原因は、決して遺伝だけではありません。胎内に居る時のお母さんの食事出産後の食生活や生活環境など、赤ちゃんのアトピーの原因は様々。決して遺伝だけが赤ちゃんアトピーの原因ではありません。このようなアレルギー発症のリスクを抑える事で、赤ちゃんアトピーを防ぎましょう

赤ちゃんアトピーの原因 妊娠期間中のお母さんの食事

お母さん自体がアレルギーを持っている場合、出来る限りアレルギー反応を起こさないように心がけましょう。へその緒でつながっている赤ちゃんも、そのアレルゲンに触れるとアレルギーを引き起こす事を学習してしまいます。何かしろアレルギーがある方はしっかりと調べておきましょう。

またお母さんが良くても胎内に居る赤ちゃんにとっては厳しい食べ物もあります。例えば乳製品ソバ魚介類など。いわゆる食物アレルギーになりやすいものを摂取し続けると、胎内に居る赤ちゃんに影響が出てしまいます。妊娠期間中は、食べ物に気をつけるようにしましょう。

赤ちゃんアトピーの原因 早すぎる離乳食

母乳はお母さんの身体にある細菌や病原菌を含んでいます。そう聞くと、なかなか赤ちゃんにあたえにくいものなんですが、母乳は赤ちゃんに与えて免疫力を鍛える人体の仕組みの1つ。赤ちゃんは、お母さんの身体の細菌や病原菌をもとに免疫力を鍛えていくんです。

そのため、粉ミルクや離乳食を早めてしまうと赤ちゃんが免疫力を鍛える機会を失ってしまいます。その結果アレルギーやアトピーを引き起こしてしまう事があるんです。自分の体内の細菌を分け与えるというのも変な話ですが、必要なことなんですね。

赤ちゃんアトピーの原因 赤ちゃんの生活環境

赤ちゃんアトピーを防ぐには綺麗すぎず汚すぎない生活環境が必要です。本来綺麗にしてあれば、アレルゲンに触れることもなく、アレルギーを発症しないもの!と思われがちなんですが、実はアレルゲンに触れない生活こそアレルギーを引き起こしてしまう原因でもあるのです。

というのも、育っていない免疫は侵入してきた異質なタンパク質をところかまわず攻撃するようになるからです。本来人体を傷つけるものではないタンパク質でも、敵だと誤認して攻撃してしまいアレルギーとして身体に症状がでてしまいます。

汚すぎる生活ではアレルギー反応を起こし続けますし、清潔すぎる生活では新たなアレルギーを作ってしまいます。汚すぎず、清潔すぎない生活空間。非常に難しい話ですが、参考程度においておいてください。

アトピーの遺伝 まとめ

アトピーの遺伝について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。アトピーの遺伝は片方の親がアレルギーを持っていると30%。両親ともアレルギーを持っていると50%という数字。さすがに50%を超えるとちょっと怖いかなと思ってしまいますよね。

赤ちゃんにアトピーが遺伝する事も怖いのですが、出来る限りアレルギー発症リスクを抑えることが重要です。妊娠期間中の食事、出産後の食事と生活環境。どれもわかっていれば実践できることばかりです。

後、最後になりますが、赤ちゃんがもしもアトピーを発症していたとしても、成長とともに収まることが多い事は知っておいてください。中には、赤ちゃんのアトピーを母親の責任と自分を責め、一家心中なんて事件もありました。決してそのような愚行は辞めてください・・・。

アトピーで悩んでいるあなたへ!

アトピーの治療法って、ステロイドが一般的ですが、そういう薬を使用せずに、根本からアトピーを解決する治療法があるってご存知ですか?

実は、アトピーを改善して、元のきれいな肌に戻ることは、そう難しい事ではないんです!

しかも、薬を使わず、自宅でできる治療法です。知って損はしません。

あなたのアトピーは一生治らない、その常識を破ってみましょう!その方法はこちら。

アトピーの肌の保湿には

「お母さん、私こんな肌じゃお嫁にいけないかもしれない」と泣きながら訴えかけてきた年頃の娘。

母親として、これ以上になく辛い瞬間でした。

これを解決したのは、なんと砂糖でした。

もちろん、ただの砂糖ではありません。

では、いったいどんな砂糖なのか?答えはこちら。

Ad

関連記事

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視

アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視

アトピー性皮膚炎の治療でおなじみの保湿剤「ヒルドイド軟膏」が、美容クリ...

記事を読む

狩野英孝がアトピーを告白 写真公開「最近ちょっと 手にも出て来て、辛いんだよな」

狩野英孝がアトピーを告白 写真公開「最近ちょっと 手にも出て来て、辛いんだよな」

最近ようやく芸能界復帰をした狩野英孝。そんな彼が自身のブログにてアトピ...

記事を読む

正しい脱ステロイドのやり方 徐々にステロイドの強さと量を減らしていこう

正しい脱ステロイドのやり方 徐々にステロイドの強さと量を減らしていこう

  脱ステロイドはアトピーを患っている方にとって夢のような話であり、治...

記事を読む

新着記事

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

記事を読む

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹は痒みと炎症によってカサブタや垢が付いてしまいます。...

記事を読む

治ったと思っても1週間はステロイドを!アトピー治療の新常識

治ったと思っても1週間はステロイドを!アトピー治療の新常識

ステロイドという薬は、使い続けていると副作用によって皮膚が薄くなり、ア...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

Ad

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?
アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行
脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?
最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!
アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹は痒みと炎症によってカサブタや垢が付いてしまいます。...

治ったと思っても1週間はステロイドを!アトピー治療の新常識
治ったと思っても1週間はステロイドを!アトピー治療の新常識

ステロイドという薬は、使い続けていると副作用によって皮膚が薄くなり、ア...

→もっと見る

PAGE TOP ↑