rss twitter fb hatena gplus

アトピーの乾燥肌を改善・解消!

保湿 アトピー

アトピーの方で多いのが、かさかさの乾燥肌。特に冬場のアトピーは、乾燥肌で痒みが増し余計に悪化することもあります。保湿剤などつけてもそこまで変わっているように見えないし・・・どうすればいいのでしょう。

今回こちらでは、アトピーの乾燥肌を改善・解消する方法を紹介していきます。乾燥肌を防ぐ保湿剤は、傷口を塞ぐものと、潤いを与えるものの2種類。うまく使いして乾燥肌を解消していきましょう。

アトピーでの乾燥肌の理由

アトピーの方が乾燥肌になるのは理由があります。それは、アトピーの皮膚湿疹を掻いてしまうと、どんどん皮膚の表層を削ってしまい潤いを溜め込む角質層を失ってしまうから!つまり、潤いをため込む場所がないために、水分を保存しておくことができず、お肌が乾燥してしまうわけです。

そのため、アトピーの乾燥肌は普通の乾燥肌と違い、潤いを与えるような保湿剤での保湿が効かない場合があります。普通の乾燥肌と違い、潤いを与えても潤いを閉じ込めておく場所がないのですからしょうがありません。そこでお勧めなのが、油で膜を張るワセリンです。

アトピーの乾燥肌にはワセリン

ワセリンとは、油分でできた幕を張るタイプの保湿剤です。アトピーの傷口を消毒した後にワセリンを塗ることで傷口を保護し、外からのアレルゲンや細菌などの侵入を防ぎます。そのうえで、内側から出ていく水分を閉じ込めておくことができるので、アトピーで乾燥肌の方に非常にお勧めです。

このワセリンなんですが、昔は石油でできているから肌に悪い、不純物で肌が荒れる、紫外線で色素沈着を引き起こす、などの噂もありました。確かに、大昔のワセリンは不純物が含まれているものもありましたが、最近では基準も厳しくなっており、より安全に使用できるようになっています。

そして特別厳しい基準で不純物を取り除き精製されたものが白色ワセリン。昔のワセリンは黄色っぽかったイメージがあると思いますが、白色ワセリンは名前の通り透明に近い白い色をしています。アトピーでの乾燥肌にはこの白色ワセリンを使う事をお勧めします。

傷がない乾燥肌は潤いを与える保湿剤

傷がないけど乾燥している・・・そういった悩みの場合は、バリアを張るワセリンではなく潤いを与えるための保湿剤がお勧めです。この場合の肌は、肌の表層にある角質層に潤いが無い状態なわけです。そのためバリアを張るのでは無く、潤いを与えるほうが効率よく乾燥肌を改善することができます。

このタイプの保湿剤で重要なのはやはりセラミド成分でしょう。セラミドとは肌の角質層での水分を保存するスポンジのようなもの。角質層にセラミドが何層も重なることで水分を保存し潤いを保っています。しかしながら、基本的にアトピー用の保湿剤としてセラミド成分がはいったものは処方されません。

というのもこのセラミドは精製するのも難しく、また溶けにくい成分でできており、薬として販売するにはコストが掛かりすぎてしまうんです。そこで目をつけるべきなのは、保湿剤というより化粧品である化粧水です。




アトピー肌にお悩みの方へ「みんなの肌潤ろーしょん」

こちらの「みんなの肌潤ろーしょん」は、セラミド成分が含まれた化粧水です。特に肌荒れが気になる方やアトピーの方特化したもので、不純物やアレルゲンになりえるもの極力排除した優しい化粧水です。化粧品なんて・・・と考えている男性の方でも、セラミド入りの保湿剤という考えで一度試すことをお勧めします!

アトピーで悩んでいるあなたへ!

アトピーの治療法って、ステロイドが一般的ですが、そういう薬を使用せずに、根本からアトピーを解決する治療法があるってご存知ですか?

実は、アトピーを改善して、元のきれいな肌に戻ることは、そう難しい事ではないんです!

しかも、薬を使わず、自宅でできる治療法です。知って損はしません。

あなたのアトピーは一生治らない、その常識を破ってみましょう!その方法はこちら。

アトピーの肌の保湿には

「お母さん、私こんな肌じゃお嫁にいけないかもしれない」と泣きながら訴えかけてきた年頃の娘。

母親として、これ以上になく辛い瞬間でした。

これを解決したのは、なんと砂糖でした。

もちろん、ただの砂糖ではありません。

では、いったいどんな砂糖なのか?答えはこちら。

Ad

関連記事

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視

アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視

アトピー性皮膚炎の治療でおなじみの保湿剤「ヒルドイド軟膏」が、美容クリ...

記事を読む

狩野英孝がアトピーを告白 写真公開「最近ちょっと 手にも出て来て、辛いんだよな」

狩野英孝がアトピーを告白 写真公開「最近ちょっと 手にも出て来て、辛いんだよな」

最近ようやく芸能界復帰をした狩野英孝。そんな彼が自身のブログにてアトピ...

記事を読む

正しい脱ステロイドのやり方 徐々にステロイドの強さと量を減らしていこう

正しい脱ステロイドのやり方 徐々にステロイドの強さと量を減らしていこう

  脱ステロイドはアトピーを患っている方にとって夢のような話であり、治...

記事を読む

新着記事

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

記事を読む

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹は痒みと炎症によってカサブタや垢が付いてしまいます。...

記事を読む

治ったと思っても1週間はステロイドを!アトピー治療の新常識

治ったと思っても1週間はステロイドを!アトピー治療の新常識

ステロイドという薬は、使い続けていると副作用によって皮膚が薄くなり、ア...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

Ad

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?
アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行
脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?
最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!
アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹は痒みと炎症によってカサブタや垢が付いてしまいます。...

治ったと思っても1週間はステロイドを!アトピー治療の新常識
治ったと思っても1週間はステロイドを!アトピー治療の新常識

ステロイドという薬は、使い続けていると副作用によって皮膚が薄くなり、ア...

→もっと見る

PAGE TOP ↑