rss twitter fb hatena gplus

アトピーの治し方の基本は消毒とステロイドとワセリン!

消毒薬 ステロイド 保湿剤 使い方

慢性的に苦しむことになってしまうアトピーの治し方は、食事や運動、睡眠のとり方など様々な情報があふれています。でも、あれはダメこれをしなさいという情報ばかりで何が本当なのかわかりませんよね。

アトピーの治し方の基本は、まずは消毒ステロイドワセリンで体にできた傷をふさぐ事です。よく、脱ステロイドで根本的な治療が必要が必要といいますが、体に傷があるうちは痒みを止めることなんてできるわけがありません!

こちらでは、アトピーの治し方の基本は消毒とステロイドとワセリン!という情報を紹介していきます。

アトピーの治療で忘れられがちな消毒

イソジン傷薬

アトピーの治療で一番忘れがちなものが消毒。実はアトピーの肌湿疹に対して、一番やらなければいけない事が消毒なのです。

というのも、アトピーの痒みによって作られた掻き傷や炎症には、必ずばい菌や細菌が繁殖しているからです。そのため、いくらアトピーの根本治療がうまくいったとしても、ばい菌や細菌を放置していては、痒みは止まる事がありません。

また、ステロイドによる治療では、免疫力を下げて炎症を防ぐもの。ですので、消毒を行う前にステロイドを塗ってしまうと、ばい菌や細菌の繁殖を促すことになってしまいます。

このような事を防ぐためにも、保湿やステロイドの前に必ず消毒を心がけるようにしておきましょう!お勧めの消毒薬は、刺激の多いアルコール系よりも刺激の少ないイソジンの傷薬です。

炎症を抑えるためのステロイド

ステロイド

ステロイドは、前述したとおり免疫力を下げて炎症を防ぐものです。ステロイドを炎症部に塗る事で、細菌や黴菌をある程度受け入れることで、炎症を鎮めることができます。

そもそも皮膚の炎症は体内に入ってくる異物に対しての免疫による防衛機能。ところが、免疫の防衛機能が働きすぎると、異物を皮膚の外へと追い出すために炎症が発生。さらに痒みを引き起こして本能的に掻きむしりを誘発させて、物理的に異物を体外に排出しようとさせます。

しかし、炎症部を掻きむしってしまうと、肌に傷ができてしまい、新たな細菌や黴菌の侵入口になってしまいます。また、炎症部を掻いた手で、他の場所を掻きむしってしまうと、感染症を広げてしまう事になってしまいます。

このような事を防ぐためにも、免疫力を一時的にでも下げることで炎症を抑えることが重要なんです。ステロイドで痒みを抑えて皮膚の傷を治していく生活を心がけましょう!

ワセリンでの保湿

ワセリン

最近になって、アトピー治療ではワセリンによる保湿が重要だと言われるようになりました。というのも、ワセリンを使う事で、保湿だけでなく細菌や黴菌、アレルゲンの侵入を防ぎ、アトピーを予防することができるという事がわかったからです。

消毒やステロイドでの治療は、確かに効果的なのですが、傷口をそのまま晒していては、アレルゲンや細菌の侵入を許してしまう事になります。これではいつまでたっても炎症をぶり返す事になってしまうでしょう。

しかし、ワセリンによる油のコーティングを傷口に施すことで、アレルゲンや細菌の侵入を防ぐことができるわけです!これであればステロイドで弱った免疫でも、菌の伝搬を防げますので安心です。

アトピーで悩んでいるあなたへ!

アトピーの治療法って、ステロイドが一般的ですが、そういう薬を使用せずに、根本からアトピーを解決する治療法があるってご存知ですか?

実は、アトピーを改善して、元のきれいな肌に戻ることは、そう難しい事ではないんです!

しかも、薬を使わず、自宅でできる治療法です。知って損はしません。

あなたのアトピーは一生治らない、その常識を破ってみましょう!その方法はこちら。

アトピーの肌の保湿には

「お母さん、私こんな肌じゃお嫁にいけないかもしれない」と泣きながら訴えかけてきた年頃の娘。

母親として、これ以上になく辛い瞬間でした。

これを解決したのは、なんと砂糖でした。

もちろん、ただの砂糖ではありません。

では、いったいどんな砂糖なのか?答えはこちら。

Ad

関連記事

アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう

アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう

  アトピーの方の皮膚では痒みによって裂傷ができてしまい感染症を引き起...

記事を読む

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

記事を読む

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹は痒みと炎症によってカサブタや垢が付いてしまいます。...

記事を読む

新着記事

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

アトピーやアレルギーは小さいころの食生活、生活環境などによって引き起こ...

記事を読む

アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう

アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう

  アトピーの方の皮膚では痒みによって裂傷ができてしまい感染症を引き起...

記事を読む

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

記事を読む

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

記事を読む

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

Ad

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増
抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

アトピーやアレルギーは小さいころの食生活、生活環境などによって引き起こ...

アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう
アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう

  アトピーの方の皮膚では痒みによって裂傷ができてしまい感染症を引き起...

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう
アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植
アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を
タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑