rss twitter fb hatena gplus

ステロイドの副作用とは?外用薬と内服薬でまったく違うステロイドの副作用

 
消毒薬 ステロイド 保湿剤 使い方

アトピー性皮膚炎の治療に必須と言われているステロイドですが、このステロイドには副作用があります。しかし、このステロイドの副作用は、内服用である飲み薬のステロイドの副作用が誇張されている事も・・・。

こちらでは、ステロイドの副作用とは?外用薬と内服薬でまったく違うステロイドの副作用という情報を紹介します。

勘違いしやすいステロイドの副作用

ステロイドの副作用とは、ステロイドを使い続ける事で引き起こされる各主症状のことを指します。ステロイドは免疫抑制剤とも言われるもので、使い続けると免疫力がだんだん低下していき、感染症などにかかりやすくなり、アトピー性皮膚湿疹が長引いてしまう原因となります。

そのためアトピーの治療では、ステロイドを使いすぎない事、ステロイドの使用を中断する脱ステという治療方法が話題になっています。しかし、アトピーで使われるステロイド外用薬の副作用は、そこまでキツイものではないんですよね。

実はステロイドの治療をを嫌がる方々は、内服薬のステロイドの副作用を恐れて、外用薬のステロイドの使用を躊躇している方が多いんですよね。

まずは、ステロイド外用薬とステロイド内服薬の副作用の違いを理解して、ステロイドの副作用の勘違いを正しましょう。そして、正しくステロイドを使って効果的にアトピー性皮膚炎を改善していきましょう。

ステロイド内服薬による副作用

ステロイド内服薬は、塗るタイプの薬ではなく、飲むタイプのステロイドの薬です。このステロイド内服薬は、手術や臓器移植の際や重度のアトピー治療で用いられ、免疫の反応をおさえて炎症を抑え込みます。

しかし、ステロイド内服薬の副作用は強く、常用できるものではありません。そのため、ステロイド内服薬を飲むときも辞めるときも、必ず医師の診断を受けて判断を仰いでからにしましょう。

このステロイド内服薬の効果は、塗るタイプのステロイドと違い、血液を介して全身にいきわたります。その分効果は高いのですが、胃腸や腎臓などの臓器などに副作用を引き起こしてしまう事もあります。

ステロイド内服薬の副作用で最も多いのは、インフルエンザや結核など、様々な感染症にかかり易くなる事でしょう。塗るタイプのステロイドとは違い、全身の免疫力が低下してしまいますので、皮膚感染症だけでなく、様々な病気や感染症にかかり易くなってしまいます。

また、ステロイドの内服薬を使いすぎていると、筋肉が糖を消費しなくなってしまい、糖代謝が悪くなってしまいます。そのため、次第に高血糖と、高血圧を招き、糖尿病を引き起こしてしまう事もあります。

さらに、ステロイド内服薬は、カルシムの吸収を抑えてしまいます。これにより、骨粗しょう症や骨折などのリスクが跳ね上がってしまいます。

そして、最も恐ろしい副作用が、ステロイド内服薬を使うことで、本来副腎で生成される免疫抑制用のホルモンが分泌されなくなってしまうという事です。薬で補っている分、自身の体で分泌できなくなってしまうわけです。ステロイドを使いすぎると癖になると言われる所以ですね。

しかし、このような重い副作用は、飲み薬であるステロイド内服薬特有の副作用で、塗るタイプのステロイド外用薬とはまた違うものであるということを知っておきましょう。

ステロイド外用薬による副作用

脱ステロイド

ステロイド外用薬(ステロイドの塗り薬)による副作用は大きく分けて3つ。塗った場所の免疫力低下と、皮膚の菲薄化毛細血管の拡張です。

特に気を付けなければならいないものは、塗った場所が免疫力低下による感染症リスクの増加してしまうという事。免疫力が低下してしまうと、肌の上に常に存在する常在菌によって日和感染を引き起こします。ステロイドを使用している時の、ニキビトビヒなどの症状に心当たりはないでしょうか?

さらに、日和感染だけでなく、カンジダウィルスや水虫などの真菌性の感染症を患ってしまう事もあります。このような感染症を発症したところにステロイド外用薬を塗ってしまうと感染症が広がってしまう原因となりますので、注意しましょう。

また、ステロイドによる皮膚の菲薄化の副作用では、皮膚が薄くなってしまいます。皮膚が薄くなってしまうと、少しの刺激ですぐに傷作ってしまい、アレルゲンや細菌に晒されてしまうことになります。

そして、毛細血管の拡張により、薄い皮膚から毛細血管が透けて見えるようになってしまいます。このような状態になりやすいのは、顔や指や肘など、もともとの皮膚が薄い部分。このようなところには強いステロイドは使わないようにしましょう。

とはいえ、ステロイド外用薬の副作用はこの程度です。免疫力が低下するとはいえ、塗った場所しか効果が現れませんし、副作用も起きません。ましてや、塗り薬である以上ステロイドが効きにくくなるという事はないんですよね。(*感染症は例外です)

アトピーで悩んでいるあなたへ!

アトピーの治療法って、ステロイドが一般的ですが、そういう薬を使用せずに、根本からアトピーを解決する治療法があるってご存知ですか?

実は、アトピーを改善して、元のきれいな肌に戻ることは、そう難しい事ではないんです!

しかも、薬を使わず、自宅でできる治療法です。知って損はしません。

あなたのアトピーは一生治らない、その常識を破ってみましょう!その方法はこちら。

アトピーの肌の保湿には

「お母さん、私こんな肌じゃお嫁にいけないかもしれない」と泣きながら訴えかけてきた年頃の娘。

母親として、これ以上になく辛い瞬間でした。

これを解決したのは、なんと砂糖でした。

もちろん、ただの砂糖ではありません。

では、いったいどんな砂糖なのか?答えはこちら。

Ad

関連記事

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

アトピーやアレルギーは小さいころの食生活、生活環境などによって引き起こ...

記事を読む

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

記事を読む

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

記事を読む

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

新着記事

汗をかく前と汗をかいた後にアルコールティッシュで痒みを予防軽減

汗をかく前と汗をかいた後にアルコールティッシュで痒みを予防軽減

  汗を掻いた際に感じるあの猛烈な痒みは、アトピー患者にとって大きな悩...

記事を読む

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

アトピーやアレルギーは小さいころの食生活、生活環境などによって引き起こ...

記事を読む

アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう

アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう

  アトピーの方の皮膚では痒みによって裂傷ができてしまい感染症を引き起...

記事を読む

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

記事を読む

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

Ad

汗をかく前と汗をかいた後にアルコールティッシュで痒みを予防軽減
汗をかく前と汗をかいた後にアルコールティッシュで痒みを予防軽減

  汗を掻いた際に感じるあの猛烈な痒みは、アトピー患者にとって大きな悩...

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増
抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

アトピーやアレルギーは小さいころの食生活、生活環境などによって引き起こ...

アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう
アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう

  アトピーの方の皮膚では痒みによって裂傷ができてしまい感染症を引き起...

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう
アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植
アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑