rss twitter fb hatena gplus

梅雨の時期はカビに注意 カビが引き起こす皮膚感染症

アトピー性皮膚炎の治療にはかかせないステロイドは、使用を続けていると免疫力が低くなってしまい感染症にかかり易くなってしまいます。そんな感染症の中でも気を付けたいのはカビによる感染症です。

こちらでは、梅雨の時期はカビに注意 カビが引き起こす皮膚感染症という情報を紹介します。

アトピー性皮膚炎で気を付けたいカビによる感染症

アトピー性皮膚炎を患っていると、痒みを掻きむしったり炎症などによって肌に傷が出来てしまいます。この傷口に細菌や黴菌、カビなどが繁殖してしまうと、感染症を引き起こしてしまいます。

実は、アトピー性皮膚炎が長引いてしまう原因は、この感染症が1番の原因です。というのも、アトピー性皮膚湿疹で掻きむしった傷口には、必ず細菌や黴菌、カビなどが繁殖しており、炎症を引き起こしてしまっているからです。

本来、アトピー性皮膚湿疹は、特定のタンパク質をアレルゲンとして自分の体ごと攻撃してしまう免疫の暴走 アレルギーによって引き起こされています。そのため、免疫抑制剤であるステロイドを使ってアレルギーを抑えていくことは正しい治療法です。

しかし、この感染症に対してステロイドを使ってしまうと、免疫力が弱まった傷口で細菌、ばい菌、カビが繁殖してしまい、より一層の炎症を引き起こしていしまいます。

そして、ステロイドを使用した際に最も繁殖してしまうものがカビなのです。そんなカビの中でも肌に悪影響を与えるものは、カンジダとマラセチアの2つ。以下で説明していきます。

カンジダとは?

カンジタとは、わきの下、手や指の間、内股、股間などの通気性の悪い隙間で繁殖しやすいカビです。症状が現れると、激しい痒みと赤い炎症を引き起こします。

このカンジタは性感染症というイメージが強いものですが、実は誰もが保菌状態である常在菌の1種でもあります。症状が現れる方は、主に体調を悪くして免疫力が落ちている方や、ステロイドを使用したためといった事が多いようです。

また、頻繁にカンジタの症状が現れる方では腸内でカンジタが繁殖しています。アトピーの原因の1つは、この腸内で大量発生しているカンジタによる消化不良でアレルゲンを体内に取り入れてしまう事で引き起こされているということもあります。

マラセチアとは?


マラセチアとは
、背中、肩、二の腕、胸といった部位に繁殖するカビです。主に皮脂の出やすい場所で症状が出やすく、湿気や汗や老廃物を餌に繁殖していきます。

このマラセチアもカンジタと同様に誰の肌の上にも存在する常在菌の1つで、免疫力の低下によって痒みや炎症などの症状が引き起こされています。

マラセチアの症状は、毛穴の奥で繁殖し赤い湿疹となります。この症状はアクネ菌によって引き起こされるニキビと似ていますが、ニキビよりも小さい湿疹であることが特徴として挙げられています。

アトピーで悩んでいるあなたへ!

アトピーの治療法って、ステロイドが一般的ですが、そういう薬を使用せずに、根本からアトピーを解決する治療法があるってご存知ですか?

実は、アトピーを改善して、元のきれいな肌に戻ることは、そう難しい事ではないんです!

しかも、薬を使わず、自宅でできる治療法です。知って損はしません。

あなたのアトピーは一生治らない、その常識を破ってみましょう!その方法はこちら。

アトピーの肌の保湿には

「お母さん、私こんな肌じゃお嫁にいけないかもしれない」と泣きながら訴えかけてきた年頃の娘。

母親として、これ以上になく辛い瞬間でした。

これを解決したのは、なんと砂糖でした。

もちろん、ただの砂糖ではありません。

では、いったいどんな砂糖なのか?答えはこちら。

Ad

関連記事

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

記事を読む

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視

アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視

アトピー性皮膚炎の治療でおなじみの保湿剤「ヒルドイド軟膏」が、美容クリ...

記事を読む

狩野英孝がアトピーを告白 写真公開「最近ちょっと 手にも出て来て、辛いんだよな」

狩野英孝がアトピーを告白 写真公開「最近ちょっと 手にも出て来て、辛いんだよな」

最近ようやく芸能界復帰をした狩野英孝。そんな彼が自身のブログにてアトピ...

記事を読む

新着記事

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

記事を読む

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

記事を読む

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹は痒みと炎症によってカサブタや垢が付いてしまいます。...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

Ad

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を
タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?
アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行
脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?
最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!
アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹は痒みと炎症によってカサブタや垢が付いてしまいます。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑