rss twitter fb hatena gplus

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題になっています。なんでも、副作用がほとんどなく、ステロイドを頼っていても改善しなかったアトピーが改善するんだとか・・・。

こちらでは、最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?という情報を紹介していきます。

そもそも抗体医薬品ってなに?

抗体医薬品とは、がん細胞やウィルスなどに対して直接標的として攻撃する医薬品です。こう聞くと、通常の医薬品となんら変わりは無いと思うかもしれませんけれども、実際には大きく違います。

というのも、通常の医薬品を使用した場合、悪いウィルスだけではなく正常な細胞などもまとめて攻撃してしまう事になるのです。

例えばがん細胞を破壊するための抗ガン剤の場合は、吐き気、倦怠感、脱毛、下痢などかなりきつい副作用が発生します。これは抗がん剤がガン細胞だけでなく正常な細胞も破壊してしまっているためです。

抗体医薬品であれば、特定のがん細胞だけを標的として増殖をブロックすることができるため、副作用を限り無く小さくし最大限の治療効果をが得られるようになっているわけです。

抗体医薬品デュピルマブとは?

抗体医薬品デュピルマブとは、IL-4、IL-13の受容体に結合し、シグナル伝達を阻害するヒト型抗ヒトIL-4/IL-13受容体モノクローナル抗体です。こう聞くと、まったく意味がわかりませんのでちょっと説明していきますね(笑)

わかりにくい単語の、IL-4とIL-13ですが、これらはアレルギーを引き起こした際に活性化してしまい、皮膚バリアの欠損を引き起こす原因となっているものです。

アレルギーを引き起こすとアトピー本来の痒みと同時に、IL-4とIL-13も活性化し皮膚バリアも失われてしまっているため、アトピーが治りにくい状態になっていたわけです。

そのため、IL-4とIL-13の活性化を抑えたいのですが、通常の医薬品だと正常な皮膚の細胞にも影響を与えてしまいます。そのため、このIL-4とIL-13に対しては手が出せない状態でした。

抗体医薬品デュピルマブはこのIL-4とIL-13を狙って信号を遅らせないようにブロックし活性化を抑えます。これにより、皮膚バリアが回復し、アトピー性皮膚炎が改善するわけです。

この抗体医薬品デュピルマブの効果は、”通常の治療によって回復効果が見込めなかったアトピー患者に対して皮膚症状が完全に消えたり、ほとんどなくなったりした患者が約4割に上った。”との事。

ステロイド治療でも治らなかったアトピー患者の約4割が、皮膚湿疹が完全もしくはほとんどなくなったというのですから相当効果が期待できることがわかります・・・。

抗体医薬品デュピルマブのデメリット

抗体医薬のデメリットは何と言ってもその費用です。wikipediaによると、先に導入されたアメリカでは2017年において年間およそ3万7千ドルの費用がかかるとのこと。日本円にして400万円近い費用がかかるわけです。これはちょっと無理。

とはいえ、日本で健康保険の対象になれば、この年間400万円から3割負担で、年間120万円。月額10万円にまで下がります。月額10万円でアトピーから解放されるのであれば・・・という方は多いのではないでしょうか。

日本ではサノフィ株式会社が「デュピクセント®皮下注 300mg シリンジ」という名称で厚生労働. 省より製造販売承認された状態です。

アトピーで悩んでいるあなたへ!

アトピーの治療法って、ステロイドが一般的ですが、そういう薬を使用せずに、根本からアトピーを解決する治療法があるってご存知ですか?

実は、アトピーを改善して、元のきれいな肌に戻ることは、そう難しい事ではないんです!

しかも、薬を使わず、自宅でできる治療法です。知って損はしません。

あなたのアトピーは一生治らない、その常識を破ってみましょう!その方法はこちら。

アトピーの肌の保湿には

「お母さん、私こんな肌じゃお嫁にいけないかもしれない」と泣きながら訴えかけてきた年頃の娘。

母親として、これ以上になく辛い瞬間でした。

これを解決したのは、なんと砂糖でした。

もちろん、ただの砂糖ではありません。

では、いったいどんな砂糖なのか?答えはこちら。

Ad

関連記事

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

記事を読む

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

記事を読む

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹の洗いすぎに注意 こすぎ洗いは厳禁です!

アトピー性皮膚湿疹は痒みと炎症によってカサブタや垢が付いてしまいます。...

記事を読む

治ったと思っても1週間はステロイドを!アトピー治療の新常識

治ったと思っても1週間はステロイドを!アトピー治療の新常識

ステロイドという薬は、使い続けていると副作用によって皮膚が薄くなり、ア...

記事を読む

新着記事

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

記事を読む

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

記事を読む

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

記事を読む

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

記事を読む

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

Ad

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう
アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植
アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を
タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?
アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行
脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑