rss twitter fb hatena gplus

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロイドが原因でアトピーが完治しないんだよ!」「ステロイドを辞めれば最初は辛いけど絶対完治するよ!」と言われれば確かに挑戦したくもなります。

しかし、この脱ステロイドという行為は非常に危険なもの。そのうえ、脱ステをしたからといってすべての人が報われるわけでもないんです。

こちらでは、脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行という情報を紹介します。

あ、私はちなみにステロイド肯定派で、脱ステロイドはやめた方がいいよという立場です。あらかじめご了承ください。

脱ステロイドとは?

消毒薬 ステロイド 保湿剤 使い方

脱ステロイドとは、ステロイドを使わずにアトピー性皮膚湿疹を治していく治療法です。ステロイドがアトピーの治療で必ず処方される薬でもあるにも関わらず、何故脱ステロイドなどという治療法があるのでしょうか。

それは、アトピー患者にとってステロイドという薬の副作用が非常に怖いものとなってしまっているからです。

そもそもステロイドは免疫抑制剤とも言い、免疫の効力を抑えて炎症を防ぎます。しかし、炎症を防ぐというのは大切なのですが、その分免疫を抑えてしまうため感染症にかかり易くなってしまう副作用があります。

また、ステロイドを長期にわたって使っていると、だんだん皮膚が薄くなってしまいます。皮膚が薄くなってしまうと、少しの刺激で傷を作ってしまい、さらに低下した免疫力もあってすぐに感染症を引き起こしてしまいます。

そのため、ステロイドを使い続けてきたアトピー患者は、もしかすると自身のアトピーはステロイドの副作用にあるんじゃないか?と今までの治療を疑ってしまうわけです。

そして、インターネットや雑誌などで紹介される脱ステロイドとアトピーの根本的治療という言葉を信じて脱ステロイドに挑戦してしまうのです。

脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー 治る

脱ステを行った人は2種類に分けられます。脱ステをずっと信じて成功させた人と、脱ステを途中であきらめて失敗した人の2種類です。

今までアトピー性皮膚炎で悩まされステロイドに頼ってきた身からすれば、脱ステロイドという治療法は非常に魅力的に見えます。何せ、我慢さえできればステロイドの毒素が抜けて、アトピーが完治するというのですから、魅了されて当たり前です。

しかし、この脱ステロイドというアトピーの治療は、脱ステでアトピーが治ると信じ切った人しか報われない苦行です。はっきり言います。安易な脱ステはこの世の地獄を見ます。

というのも、ステロイドを急に辞めてしまうとすぐに炎症がぶり返し痒みが発生し掻きむしりで傷をつけて肌がボロボロになります。そして、ボロボロの肌からはアレルゲンや細菌が侵入し、より一層の痒みを発生させるというアトピー性皮膚湿疹の悪循環に陥ってしまうのです。

ちなみに、この脱ステロイドによるアトピーの急激な悪化は好転反応と呼ばれており、「ステロイドが排泄されているから」とか、「悪いものを出しているから」ともっともらしい事がインターネットでは書かれています。

脱ステロイドをする際に一番辛いのはまさにこの脱ステをはじめてすぐのこの時期。肌がズタボロになって外に出歩けないほど湿疹が酷くなっても脱ステを信じて続けていれば、いつか完治すると言われています。

しかし、大体の方はアトピーの急激な悪化によって脱ステを諦め、悪化してしまったアトピーのためにより強いステロイドを必要とするようになってしまいます。脱ステロイドは宗教や苦行のようなものというのもこのあたりから来ています。

ステロイドを辞めたいから始めた脱ステロイドのせいで、より強いステロイドが必要になるなんて酷い話です。まぁだからこそ、私は脱ステロイドを否定しているわけが・・・。

脱ステロイドではなく減ステロイドで!

ステロイドをどうしても辞めたい方は、いきなり脱ステロイドではなく必ず減ステロイドから始めましょう。減ステロイドとは、読んで字のごとくステロイドの量を減らしていく治療方法です。

減ステロイドでは、少しずつステロイドの量を減らしたり強さを弱めていき、アレルギー症状を抑えながら皮膚湿疹を治していきます。皮膚湿疹を塞いでから行う事で、アレルゲンや細菌、ばい菌の侵入を防ぎ肌湿疹の発生を防ぐ事ができます。

ちなみに、傷口が塞がったからと言って、ステロイドの使用をやめるというのはまだちょっと早いです。というのも、皮膚の外側が塞がっても、内側で炎症が続いており、ステロイドを辞めた後にアトピーが再燃してしまいます。アトピーが治ったと思っても、同じぐらいの強さのステロイドで1週間は様子を見ておきましょう。

このように減ステロイドは、限りなくステロイドの使用を少なくしていき、最終的にステロイドの使用をやめる事でアトピーの根本的治療が完了するわけです。

アトピーで悩んでいるあなたへ!

アトピーの治療法って、ステロイドが一般的ですが、そういう薬を使用せずに、根本からアトピーを解決する治療法があるってご存知ですか?

実は、アトピーを改善して、元のきれいな肌に戻ることは、そう難しい事ではないんです!

しかも、薬を使わず、自宅でできる治療法です。知って損はしません。

あなたのアトピーは一生治らない、その常識を破ってみましょう!その方法はこちら。

アトピーの肌の保湿には

「お母さん、私こんな肌じゃお嫁にいけないかもしれない」と泣きながら訴えかけてきた年頃の娘。

母親として、これ以上になく辛い瞬間でした。

これを解決したのは、なんと砂糖でした。

もちろん、ただの砂糖ではありません。

では、いったいどんな砂糖なのか?答えはこちら。

Ad

関連記事

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

記事を読む

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視

アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視

アトピー性皮膚炎の治療でおなじみの保湿剤「ヒルドイド軟膏」が、美容クリ...

記事を読む

新着記事

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

記事を読む

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

記事を読む

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

記事を読む

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

Ad

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう
アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植
アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を
タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?
アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行
脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑