rss twitter fb hatena gplus

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

 
煙草とアトピー

アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよね?喫煙習慣は確実にアトピーを悪化させるもの。できるならタバコの煙が蔓延するような場所も控えるようにしたいところです。

こちらでは、タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策をという情報を紹介していきます。

タバコで悪化するアトピー性皮膚炎

タバコの煙にはご存知の通り有害物質が大量に含まれています。ニコチンやタールなどの皆さんがご存知のものから、ヒ素、カドニウム、アセトンなど、聞いただけでヤバいとわかる化学物質まで様々です。

これらの有害物質を吸い込んだり触れたりすると体内の免疫を刺激してしまいます。そして、体内に侵入した有害物質を追い出そうと痒みや湿疹などを発生させて、掻きむしりの裂傷によって皮膚湿疹が悪化してしまいます。

またタバコを吸うとビタミンCが破壊されてしまいます。ビタミンCは本来肌の皮膚の修復に必要な成分。タバコによってビタミンCが破壊されてしまうと、皮膚の修復に必要なビタミンCが足らなくなてしまい肌荒れや湿疹が悪化してしまいます。

さらに、タバコの煙に含まれるタールやニコチンは血管を傷つける原因となります。血管が傷ついてしまうと、高血圧や動脈硬化などの血管障害を引き起こします。この血管障害により、傷の治りが悪くなるため、タバコを吸うとアトピーや皮膚湿疹が悪化してしまいます。

このようにタバコを吸ってしまうと、必ずアトピーや皮膚湿疹は悪化してしまいます。しかし、タバコは吸うだけでなく、吸っている人のそばにいるだけでもアトピーや皮膚湿疹が悪化してしまうものなのです。

受動喫煙にも気を付けよう

タバコは吸っている人だけではなく、そばにいる人にも健康被害を与えます。これを受動喫煙と呼び、タバコを吸っていないにも関わらずタバコによる健康被害を被るため、最近では大きく問題として取り上げられています。

受動喫煙に含まれる健康被害にはもちろんアトピーや皮膚湿疹などの症状も含まれています。そもそもタバコの煙は吸うほうではなく吸わない煙である副流煙にこそ大量の有害物質が含まれており、タバコを吸っている人よりもそばにいるほうが健康被害を受けているということもあります。

さらに、タバコの煙が目や鼻に触れると煙たい、痛い、涙が出る、といった症状が現れます。実はこのような症状は目や鼻だけでなく皮膚でも多かれ少なかれ引き起こされており、アトピーや皮膚湿疹の原因となっています。

アイコスなど煙が匂わないタバコにも注意!

また、最近流行しているアイコスなど煙が臭わないタイプのタバコにも注意が必要です。というのも、タバコの臭いが少ないというのが、有害物質が無いと誤認されてしまっているのです。

例えば、タバコは室内では吸わないけれど、臭いが少ないアイコスであれば室内でも吸ってしまうなんてことはありませんか?実は、このように室内でアイコスを吸う家庭が増えたことによる子供のアトピーや喘息といったアレルギー症状が増加傾向にありました。

確かに、タバコの有害物質の拡散量はアイコスのほうが少ないというのは事実。しかしアイコスの煙にもしっかり有害物質は含まれており、むしろ室内でアイコスを遠慮なく吸うようになってしまったため、受動喫煙の機会が増加してしまい、健康被害がふえてしまったわけです。

アイコスは臭いが少なくなりましたども、有害物質がなくなったわけではありません。家族に健康被害が及ばないように、タバコと同様、非喫煙者から離れた場所、遮断された空間、外で吸うようにしましょう。

たばこは吸う人だけでなく、周りに多大な悪影響を与えてしまいます。もちろんこれらの事は喫煙者が気を付けるべきこと。

しかし、アトピーやアレルギーを抱えている人自身も、喫煙者が多い場所には近づかない、家族やパートナーに禁煙を促すなど、自衛していくようにしましょう。

アトピーで悩んでいるあなたへ!

アトピーの治療法って、ステロイドが一般的ですが、そういう薬を使用せずに、根本からアトピーを解決する治療法があるってご存知ですか?

実は、アトピーを改善して、元のきれいな肌に戻ることは、そう難しい事ではないんです!

しかも、薬を使わず、自宅でできる治療法です。知って損はしません。

あなたのアトピーは一生治らない、その常識を破ってみましょう!その方法はこちら。

アトピーの肌の保湿には

「お母さん、私こんな肌じゃお嫁にいけないかもしれない」と泣きながら訴えかけてきた年頃の娘。

母親として、これ以上になく辛い瞬間でした。

これを解決したのは、なんと砂糖でした。

もちろん、ただの砂糖ではありません。

では、いったいどんな砂糖なのか?答えはこちら。

Ad

関連記事

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

記事を読む

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視

アトピー治療薬のヒルドイド軟膏が処方制限?美容クリームとしての使用が問題視

アトピー性皮膚炎の治療でおなじみの保湿剤「ヒルドイド軟膏」が、美容クリ...

記事を読む

新着記事

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

記事を読む

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

記事を読む

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

Ad

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植
アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を
タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?
アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行
脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?
最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

→もっと見る

PAGE TOP ↑