rss twitter fb hatena gplus

岡山大グループがアレルギー性疾患の関与物質特定 アトピーの新薬開発に期待

消毒薬 ステロイド 保湿剤 使い方

花粉症やアトピーなどアレルギー性疾患の原因となるヒスタミンの分泌に体内タンパク質「VPAT(ブイ・パット)」が関与していることを岡山大の研究グループが突き止めました。

こちらでは、岡山大グループがアレルギー性疾患の関与物質特定 アトピーの新薬開発に期待という情報を紹介します。

抗ヒスタミン剤に変わる新薬開発に期待

花粉症やアトピーなど、アレルギー症状を引き起す原因の1つが、ヒスタミンです。ヒスタミンとは人の体の免疫機能の連絡役を担っている物質で、ヒスタミンが分泌されることで免疫が機能し身体から細菌や病原菌を排除するようになっています。

しかし、特定のたんぱく質に対して免疫機能が過剰に反応してしまうアレルギーを発症すると、ヒスタミンが大量に分泌。これにより、花粉症や、アトピー性皮膚炎などの症状があらわれるようになってしまいます。

そのため、従来のアトピー治療や花粉症治療では、このヒスタミンの受容体の機能を抑える抗ヒスタミン剤による治療を行ってきました。しかし、この抗ヒスタミン剤は、眠気を誘発したり、ヒスタミン分泌を抑えるわけではないので、薬を飲み忘れるとすぐぶり返してしまうという欠点もありました。

今回、岡山大の研究グループから発表された内容は、ヒスタミンの分泌には「VPAT(ブイ・パット)」というたんぱく質が深くかかわっているという事。

岡山大の研究グループは、遺伝子操作によって「VPAT」が分泌されなくなったマウス細胞を使って実験。VPATが抑制された状態では、ヒスタミンの分泌量も大幅に減少。VPATがヒスタミンの分泌量を調整する働きがあることが分かりました。

岡山大の日浅助教は、「運搬役のVPATを阻害することでヒスタミン分泌をより効果的に抑えられる。塗り薬や点眼剤、点鼻薬の開発につなげたい」と話しています。

アトピーで悩んでいるあなたへ!

アトピーの治療法って、ステロイドが一般的ですが、そういう薬を使用せずに、根本からアトピーを解決する治療法があるってご存知ですか?

実は、アトピーを改善して、元のきれいな肌に戻ることは、そう難しい事ではないんです!

しかも、薬を使わず、自宅でできる治療法です。知って損はしません。

あなたのアトピーは一生治らない、その常識を破ってみましょう!その方法はこちら。

アトピーの肌の保湿には

「お母さん、私こんな肌じゃお嫁にいけないかもしれない」と泣きながら訴えかけてきた年頃の娘。

母親として、これ以上になく辛い瞬間でした。

これを解決したのは、なんと砂糖でした。

もちろん、ただの砂糖ではありません。

では、いったいどんな砂糖なのか?答えはこちら。

Ad

関連記事

世界初アトピーの痒みを直接抑える新薬「ネモリズマブ」 注射でアトピーを改善 2年後には実現

世界初アトピーの痒みを直接抑える新薬「ネモリズマブ」 注射でアトピーを改善 2年後には実現

アトピー性皮膚炎の痒みに対して、中外製薬が開発した抗体「ネモリズマブ」...

記事を読む

背中の痒みの原因は?汗による蒸れと、乾燥を防いで背中のアトピーを治そう

背中の痒みの原因は?汗による蒸れと、乾燥を防いで背中のアトピーを治そう

背中のアトピーは、薬もうまく塗れないし、症状もよく見えないし、なかなか...

記事を読む

芸能人、女優の菅野美穂のアトピーの噂

芸能人、女優の菅野美穂のアトピーの噂

アトピーを患ってしまうと湿疹や裂傷で外見が酷くなり、重症化していくにつ...

記事を読む

新着記事

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

記事を読む

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

記事を読む

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

記事を読む

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

Ad

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植
アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を
タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?
アトピーのお風呂 塩素は抜いたほうが良いのか?入れたほうが良いのか?

アトピー患者にとってお風呂の入り方はいつも悩まされてしまうもの。しっか...

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行
脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?
最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

→もっと見る

PAGE TOP ↑