rss twitter fb hatena gplus

ワキの黒ずみを改善!アトピーや皮膚湿疹が原因の黒ずみを改善!

脇アトピー 黒ずみ

ワキの黒ずみとは、ワキにできるぶつぶつや黒い分厚い層になった皮膚のことをさします。ワキが黒ずんでいると不潔に見えてしまい、ノースリーブやタンクトップなど躊躇してしまいますよね。

ワキの黒ずみは、カミソリ負けといった脱毛、ムダ毛処理だけでなく、アトピーや皮膚湿疹が原因な事も多く、悩んでいる方も多いはず。今回こちらではアトピーや皮膚湿疹が原因のワキの黒ずみの原因と改善方法を紹介していきます。アトピーでワキがボロボロになってしまい、黒ずんている方は参考にしてください。


ワキの黒ずみ対策専用ジェル【Pule Pearl(ピューレパール) 】

ワキの黒ずみの原因はメラニン色素!

メラニンとは、刺激を受けた肌を守るために活性化し、メラニン色素によって体を守る人間の防御機能の1つです。太陽の紫外線で焼けて黒くなるは、このメラニン色素で肌を守るため。メラニン色素の多い黒人種は白人種よりも皮膚ガンになりにくいといった例もあります。

メラニンは紫外線だけでなく、あらゆる皮膚の刺激に対して防御機能を活性化させてしまいます。そのため、アトピーや皮膚湿疹で痒みをともなったワキを掻いてしまうと、裂傷とともにメラニン色素が溜まってしまい、ワキが黒ずんでしまうわけです。

ワキのアトピー皮膚湿疹を改善することで、黒ずみを改善

ワキの黒ずみを抑えるには、掻いたりしないことが大切です。ですが、ワキにアトピーや皮膚湿疹が出ている場合、痒みを我慢することははっきりいって無理です。もうアトピーや皮膚湿疹はワキに出ている限り、ワキの黒ずみは治らないと入っても過言ではありません。

そのため、ワキの黒ずみを治すというよりも、ワキの湿疹、アトピーを治し痒みを抑えることを重点に置くことが肝心です。以下に、アトピーを改善し、痒みを抑えるポイントを紹介していますので参考にしてください。

ワキは雑菌が繁殖しやすいのでしっかり消毒

ワキは肌の中でも汗を掻いてしまいやすい場所の1つ。その上、ワキの構造上汗が溜まりやすいので、雑菌が繁殖してしまいやすく、アトピーや皮膚湿疹持ちの人からすると悩ませる場所でもあります。さらにワキを掻いていてしまうと、メラニン色素が生成されてしまうだけでなく、肌に傷がつき雑菌も内側へと送り込んでしまうのだからたまったものではありません。

そんなワキの雑菌を防ぐには消毒が一番です。アトピーや皮膚湿疹に対して一番効果的な消毒薬がイソジンです。イソジン消毒液は刺激も少なく、しっかり感染症を予防することができるため非常にお勧め。

アトピーや皮膚湿疹を引き起こす雑菌を除菌するイソジンは、肌に塗った場所が黄色くなってしまうのが難点です。ワキの黒ずみを治したいのに、黄色い色素のイソジンを塗るのは躊躇してまうこともあると思います。しかし、湿疹を抑えることが黒ずみを抑えることにつながるので、躊躇なくイソジンで雑菌を抑えましょう。

しっかり病院に通って、渡されたステロイドを使う

ステロイドを使うと肌が黒ずんでしまうという噂があります。これはメラニン色素の蓄積の事を言っており、アトピーであれば色素沈着は多かれ少なかれ起こっています。ですので、ワキのアトピーや湿疹に対して、黒ずみが怖いからステロイドは使わない!という判断は間違っています。

ワキの湿疹やアトピーに対しても、病院から処方されたステロイドであれば使うべきです。ステロイドは一旦免疫力を下げて、皮膚の再生を促し、傷を塞ぎます。これにより、痒みを抑えて、掻かなくなった結果、ワキの黒ずみを改善することができるわけです。

黒ずみの改善には美白ジェル

アトピーや皮膚湿疹が治っても、一度ワキにできてしまった黒ずみは、なかなか改善しないもの。メラニン色素ってお肌のターンオーバーである28日以上立たないと改善することは難しいんです。そこでお勧めなのが、ワキの黒ずみ対策専用ジェルであるピューレパールです。


ワキの黒ずみ対策専用ジェル【Pule Pearl(ピューレパール) 】

一度傷ついてしまった肌の内部は潤いが失われており、ダメージを受けてしまいやすい状態。ピューレパールは、そんな潤い不足なワキだけでなく、メラニンで黒ずんでいる膝裏、二の腕、乳首など気になる所に効果を発揮します。

また、ピューレパールは刺激も少なく皮膚湿疹やアトピーで黒ずんでいる方にもお勧め!しかも、効果がなければ返品可能の全額返金保証付きなので安心です。興味がある方はぜひためしてみてください。

アトピーで悩んでいるあなたへ!

アトピーの治療法って、ステロイドが一般的ですが、そういう薬を使用せずに、根本からアトピーを解決する治療法があるってご存知ですか?

実は、アトピーを改善して、元のきれいな肌に戻ることは、そう難しい事ではないんです!

しかも、薬を使わず、自宅でできる治療法です。知って損はしません。

あなたのアトピーは一生治らない、その常識を破ってみましょう!その方法はこちら。

アトピーの肌の保湿には

「お母さん、私こんな肌じゃお嫁にいけないかもしれない」と泣きながら訴えかけてきた年頃の娘。

母親として、これ以上になく辛い瞬間でした。

これを解決したのは、なんと砂糖でした。

もちろん、ただの砂糖ではありません。

では、いったいどんな砂糖なのか?答えはこちら。

Ad

関連記事

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

アトピーやアレルギーは小さいころの食生活、生活環境などによって引き起こ...

記事を読む

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

記事を読む

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

タバコで悪化するアトピー アトピーなら禁煙と受動喫煙の対策を

  アトピー性皮膚炎の方でまさかタバコを吸っているという方はいませんよ...

記事を読む

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

脱ステロイドの危険性 脱ステは信じる人しか救われない苦行

アトピー患者にとって脱ステロイドは非常に魅惑的な言葉ですよね。「ステロ...

記事を読む

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近話題の抗体医薬品デュピルマブとは?

最近、アトピー治療の医薬品として抗体医薬品デュピルマブというものが話題...

記事を読む

新着記事

汗をかく前と汗をかいた後にアルコールティッシュで痒みを予防軽減

汗をかく前と汗をかいた後にアルコールティッシュで痒みを予防軽減

  汗を掻いた際に感じるあの猛烈な痒みは、アトピー患者にとって大きな悩...

記事を読む

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

アトピーやアレルギーは小さいころの食生活、生活環境などによって引き起こ...

記事を読む

アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう

アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう

  アトピーの方の皮膚では痒みによって裂傷ができてしまい感染症を引き起...

記事を読む

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

記事を読む

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

Ad

汗をかく前と汗をかいた後にアルコールティッシュで痒みを予防軽減
汗をかく前と汗をかいた後にアルコールティッシュで痒みを予防軽減

  汗を掻いた際に感じるあの猛烈な痒みは、アトピー患者にとって大きな悩...

抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増
抗菌薬使用でアトピーやアレルギー発症リスク増

アトピーやアレルギーは小さいころの食生活、生活環境などによって引き起こ...

アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう
アトピーの方は感染症に注意!感染症を防いでアトピーを治していこう

  アトピーの方の皮膚では痒みによって裂傷ができてしまい感染症を引き起...

アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう
アレルギーの根本的治療「舌下免疫療法」とは?対処療法ではない根本的治療を目指そう

花粉症やアトピーなどのアレルギーの治療では、免疫力を落として症状を緩和...

アトピーの新治療 皮膚の細菌移植
アトピーの新治療 皮膚の細菌移植

アトピーの皮膚湿疹はアレルギーだけではなく細菌やばい菌によって引き起こ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑